NUTA

今日は お料理のお話。

「ぬた」  です。

at0808.jpg



この頃ちょっとこれにはまってます。特に

<ネギのぬた>

油揚げと合わせます。

ぬたって、沼田とも書いて ぬま のようにどろどろしているから という説もあるそうです。



以前行ったCafeのランチでネギのぬた が出てきたんです。

それが、ただの酢味噌でなく、「ゆず味」でした。


おいしかった~~~!!それを家に帰って まねして作ってから

はまりました。

ただ、酢味噌はよく作りますが、ゆず味噌は作ったことがないので

とっとと買ってきました。

at0803.jpg




ゆず味噌でなくても、常時「からし酢味噌」なるモノを置いておくと

いまなら ほたるいかや、菜の花にちょっとかけるだけで、

りっぱなお料理の1品になり、ワンランクアップします。


きゅうりにかけるだけでも・・・。 

きゅうりといえばドレッシングをかけがちですが、

というよりサラダに入れてばかりしちゃうのですが、

そればかりだとワンパターンの味なので

和風でいただくのもいいですね。


今日もせっせ・・・せっせ・・・・と・・・。


at0804.jpg


正直、「せっせと」というほど手はかかりません。

切ってゆでてまぜるだけで、すぐできます。


   その割に見栄えがするので   ナイスっ! 


2017/03/11(土) | ③ほっこりばなし・・・ | トラックバック(0) | コメント(8)

T-SQUARE

    学生の時にLPを友人から誕生日プレゼントにもらい、出会って以来 ずっとファンです。

<T-SQUARE>  (もとはTHE SQUARE)

ジャンルでいうと フュージョンです。JAZZよりPOPです。

一番有名なのはF1の時に流れているあの曲です。きっとどなたも一度は耳にしているんじゃないかな・・・。

    

       ↓ これです。お時間ありましたらクリックしてきいてみてくださいね。

カシオペアVSスクエア Truth


 カシオペアとスクエアの競演です。

      とっても楽しそうに演奏するのです。この人たち・・・。昔から。

念のため・・・これは、スクエアの曲をスクエアとカシオペアがいっしょに演奏しているYouTubeです。
        2曲目がカシオペアの曲を演奏しています。



大学生のころ、大阪梅田にあるライブハウスによくスクエアを聴きに行ってました。

ライブハウスなのでとっても近距離で聴いていました。ちょうどスクエアがデビューして少したったころで、

彼らも若く、初々しいのでした。



今まで、私、コブクロ、スキマスイッチ、ウルフルズ、東京スカパラなど

いろんなアーティストのファンクラブに入ってきました。

それはチケットを先行で確実に取るために。

そして海外のアーティストも大好きで来阪したらライブに行きました。


でも、実は私の音楽に向き合う時の体の底辺にずっと「スクエア」がいました。



最近毎日お料理をするときはスクエアが流れています。

なんだかとっても元気が出るので。

それは自分の人生の中で 一番生き生きしていた時に夢中だった事を

してみると、その時の全てがありありと思いだされたり、

今の自分が あの頃の体力、エネルギーの容量になったような錯覚を起こします。


で、聴き終わって ハッと我にかえると ちょっと疲れていたり・・・。


へんに興奮状態になっているんですね。昔にタイムスリップしたあとって・・・。










2017/02/18(土) | ③ほっこりばなし・・・ | トラックバック(0) | コメント(4)

ラッキーなもの

at0801.jpg

近鉄電車は丸い吊皮なんですが、この時期、最近でてきます、1つだけ三角の吊皮。

西大寺さんの提供のようです。ご利益ありそうですね~。

受験生の方、この下に立ったらこれを握って風邪に気をつけてがんばってください。

すいてたので、隣の車両にも行ってみたけど、他の車両にはなかったようでした。

2016/12/26(月) | ③ほっこりばなし・・・ | トラックバック(0) | コメント(2)

まだあった!

at0792.jpg

前記事に引き続き またまた『ペコちゃん』ネタ。

こんな缶入りのおやつセットを買ってみました。


それはポイントを貯める為でもありましたが。

缶の蓋を  そ~っと、そしてウキウキと開けますと

中には パラソルチョコ、POPキャンディ、ペンシルチャコなど

大昔、私が食べていたお菓子と同じものが

入っていました。


中身が見えた途端 子どもの時のように 「わあ~」と思わず声が出ました。

おやつ  っていくつになっても テンションを上げてくれる ハッピーにしてくれるものですね。


2016/12/17(土) | ③ほっこりばなし・・・ | トラックバック(0) | コメント(4)

正倉院のこと

 <豆知識>

もう、正倉院展は終わってしまいましたが、せっかくなので
ちょっとかる~く情報を書きます。

正倉院展は10月末から11月にかけて約2週間ほどあります。
その間奈良の街はとても賑わいます。

そもそも、正倉院とは 奈良時代に建てられた東大寺の蔵の事です。
社会の教科書に載っていましたように、くぎ1本つかわない 『校倉づくり』です。

当時、全国あちこちにこういった蔵はあったそうなのですが、長い歴史の間に
他のお寺の正倉院はなくなっていき、東大寺の正倉院が今では固有名詞になっているようです。

北倉、中倉、南倉、から成り、
北倉は聖武天皇の遺品、中倉には行事で使っていたもの、
南倉には東大寺の法要で使用した仏具、文書などが入っています。

約9000件の宝物があります。
聖武天皇の遺品は、天皇が亡くなった時、光明皇后が東大寺に献納されたもので、
それらが正倉院展で出されています。

正倉院展は昭和21年に始まりました。もともと虫干ししていましたが、どうせなら、その時、
一般の人にも見てもらおうということで、公開される事になったそうです。
毎年9000件のうち、60点ほどが正倉院のちかくの「奈良国立博物館」で公開されます。
それを《正倉院展》と呼びます。

正倉院展が近づくと、10月に入ったころから
奈良県内では、あちこちのホールや大学の公開講座で、その年の出展される宝物の
説明講義があります。
それを聞いてから行くと、とても有意義です。


本当に美しいです。
みなさん、「きれいね~」といいながら見てらっしゃいます。
光ってなくても、まばゆいうつくしさです。
神秘的です。優雅です。

「これを1300年まえの人々が使ってたんだ。」と思うと
あの空間は不思議な感覚になります。



奈良の歴史と、伝統と共に
多くの人々の努力が受け継がれ、
1300年以上も 美しく保管されているのですね。


現代人として微力ながら、入場料を払ったり(今年ははらいませんでしたが。※前記事参照)
 グッズを買ったりそしてまず、参加して盛り上げて
宝物がこれからも長く保管され
この行事が永遠に続きますように、と願っています。


わたしたちの子孫も、これらを見ることができますように・・・。







2016/11/19(土) | ③ほっこりばなし・・・ | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »