さようなら。デヴィッド ボウイ

ちょうど ふと 思っていました。

そういえば「デヴィッドボウイ」って今どうしてんねやろ~って・・・。


at0580.jpg


というのも、私、若いころファンでした。

1983年の大阪・万博での 野外ライブもいきました。

その時の デヴィッド ボウイの夜空にうかびあがる 金髪がとても印象的で、今も

その妖艶な歌う姿をはっきり覚えています。


『戦場のメリークリスマス』は4回も見に行きました。

それは、デヴィッド ボウイが好きだから、それもありますが、それより、

ストーリーの意味がわからなかったため、です。

坂本隆一との抱擁ラブシーンが話題になりましたね。

それがなぜ?ってわからなかったのです。

その時のパンフレット、大事にもっています。(上の写真)


懐かしいです。


もう一度来日してほしかった・・・・・。

「たくさんの素敵な歌声を、楽曲を ありがとう~!!」


at0581.jpg      at0582.jpg


  デヴィッド ボウイ のYou Tube お借りしました。

       レッツダンス★ デヴィッド ボウイ  ←ここから・・・。

2016/01/12(火) | ④ちょっと考えた事 | トラックバック(0) | コメント(4)

ひきあわせ

<縁 とは。>


23年前、知り合った友人がいます。

その人と今日、会って おしゃべりしました。

なんとなく、私の母と雰囲気がにているところがあるのです。

外見でなく、性格でもなく、雰囲気。


「におい」的なものが・・・。


似ています。


もしかしたら、天国の母が 当時まだまだ若いわたしを置いて旅立ったので

気になり、「私の代わりに、

なんとなくでいいから、少し離れた所でいいから ずっと、この子のそばにいてやって・・・。」と


そんなことで 天から下界を見て、私に引き合わせてくれた気がするんです。

その人と。



道で出会ったんです、23年前。 


どんな人?と聞かれたら、ひとことで言うなら  「やさしい人」。

やっぱり、  人はやさしいのが一番いいな。


べったりといつも一緒ってわけではないけれど、

なんか急に声が聞きたくなります。

さびしいとき なんだか会いたくなる人なのです。




2015/08/12(水) | ④ちょっと考えた事 | トラックバック(0) | コメント(2)

ニット帽とはらまき

  といえば、ここ関西では

   <花紀 京> さんです。

昨日亡くなられました・・・。 お笑いの天才だった人です。


「私たち関西人は子供のころから、『吉本新喜』をみて育ちます」

といっても、過言ではないほどです。

どの家でも、なんとなく土曜日のお昼、

TVは「吉本」がついているんです。


このことは以前も、一度記事にしましたが、

学校で嫌なことがあっても、帰ったら、「吉本」がついているので

家族とTVをみてげらげら笑ってしまうのです。


そしたら、「嫌なこと」  って なんだったっけ?

となります。

たしか気分が沈んで帰ってきたはずだけど・・・と。


嫌なことがない時は 大笑いしつつ

吉本のギャグをまねさえする (勉強する)のです。

学校で役立ちます。ふふ。



そういう意味で

花紀 京 さんにはずいぶんお世話になりました。

たのしい ひと時をありがとうございました。

懐かしいです。

あの方の全盛期は 亡き母とよくいっしょにみました。

母も「この人すきやわ~。」と言ってました。



ご冥福をお祈りいたします。

   

You Tube から お借りしました。

花木 になっているのが残念ですが。それと音声がききづらいですが。
後半とくに天才ボケ発揮 !! 

                       

       
        花紀 京さん
  








2015/08/07(金) | ④ちょっと考えた事 | トラックバック(0) | コメント(6)

就活にもクールビズ

<を推奨している企業もある>


今年は特に就活の解禁がおそかったので、

夏場まで活動は入り込みそうなのだそうですが、

暑くなるこの時期に、スーツ姿をみると、毎年お気の毒に思います。


確かに面接では気持ちから しっかりひきしめないといけませんから、

つい、ノーネクタイだと、お互い緊張感は薄れるでしょう。

服装は就活生に限らず、そのひとの気分に左右します。

でも、中身が大事。

大幅に はめをはずした服装でなければ

こんな暑い時期は いくら面接でも、ネクタイなしや、上着なしでもいいように思います。


ただでさえ前日から企業のことを調べたり、面接の練習をしたり、

疲れも出るでしょうに、

その上、暑い中家から上着を着て普段使わない路線の電車に乗り

いくらグーグルマップを使ったとしても、知らない道を歩いていくと緊張が増していくし、

面接が始まるころにはホントはバテテいるんじゃあないでしょうか?

それこそ、自分を充分表現できないかもしれません。


若いと言えども、熱中症になるよ・・・。

今年から「就活にクールビズ」と言われ出しているようなので 何年かのちには、

就活生も、クールビズが徹底して当たり前になるような気もします。

(反対派の企業もあるそうですが。)



けじめをつけ、伝統を守る、という日本人のいいところではあり、

わたしも、そんなところは好きです。けれども、

健康に影響することは、融通をきかせてもいいかな、と思っています。



例えば日本では長いこと6月から「衣替え」ときっちり決めつけていて

最近は融通をきかせる期間がある学校が多いようですが

5月でも暑かったら半袖でもいいだろうし、

6月にはいって寒かったら上着をきてもいいのになあー、

と自分が学生の時もずっと思っていました。

7月でも電車の中の冷房が寒い人は上着をつかってもいいでしょうし・・・。

人によって体感や体調はバラバラだから。



とはいうものの、企業や学校の「制服」は日本人の代名詞。

大切にまもっていきたい文化の一つです。

長袖をまくったりする方が制服がだらしなく映りますので、

なるべく 美しく使い続けたいものです。


※わたしたちが若いころは

まず、「クールビズ」なんて存在しなかったからなあ。

よく耐えたもんだ・・・。

温暖化なんて言葉もなかったし

今ほど地球も暑くなってなかったからできたんかなあ~。




2015/06/03(水) | ④ちょっと考えた事 | トラックバック(0) | コメント(4)

みんな悲しんでいます。


 <なぜ?・・・・・。>

悲しいです。

長い年月先人たちが守り続けてきた

国宝や重文の社寺を軽んじるニュースがここのところずっと流れています。

奈良県だけでなく、国宝というくらいですから、国民みんなの宝です。

遠い方でご覧になったことがないと、馴染はうすいかもしれませんが、

でも、国宝は個人個人の財産よりかけがえのないもの、と言ってもいいくらいの

ものではないでしょうか。



これだけ多くの宝物を汚されて、

本当に悲しいです。


私は奈良県内の今回被害にあった社寺は

すべて行ったことがあります。

長谷寺はついこの前このブログでも記事にしたところ。


その2日後に、本堂に油のようなものがかけられていた、

とニュースになりました。


今は誰がこんなことを・・・とピンポイントで世間は責めるけど、

例えば2100年になった時、

2200年になった時。

「2000年の初めの頃、その時点で1300年以上守られてきた社寺や仏様に
油がかけられるといったことが
あったらしいね。」と語られ、

この犯人と同じ時代を生きている人すべてを ひとくくりに

されてしまう気がします。


すばらしいこともいっぱいしているのに

こんなことがあると、

そんな時代か・・・と評価されることも、重ねて悲しい。






2015/04/22(水) | ④ちょっと考えた事 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  |  »