かなわぬ願い

   毎日そっとフタをあけていました。重いこともそのわけの一つです。私が幼稚園の時親におねだりしたらしいのです。そんな高価な物をおねだりしたらしいのです。そう、真っ黒のピアノを。  両親はムリして娘のおねだりを聞き入れてくれました。数日後、母が選んだピアノの先生は隣町にいらっしゃり、家から子供の足で30分程のところでした。歩いて通っていました。小学校高学年になると、ランドセルのほかに楽譜を入れた、...