カフェめぐりをしながら何気なく思ったことを綴っています。お気軽にお入りください。コーヒーをいただきながら日ごろの楽しいお話しをごいっしょにいかがでしょうか?タイル雑貨もご覧ください。

メリッサ

<山の辺Cafe>

先日、また図書館にふらりと行ったとき、「古事記」「日本書紀」のコーナーがあり、

ちょっとだけぺらぺらとめくってみました。

古代のロマンを想像しながら、

中にでてくる、その舞台、「山の辺の道」あたりに近づいてみよう、と、後日休日に

そちら方面に行ってみました。

 resize0530.jpg

向こうに見える、大和の山々には雪が積もっていました。 


  古墳時代にできたといわれる  『山の辺の道』は 日本最古の「道」といわれ、

  奈良から南下していき、天理、桜井まで 全長約35キロメートルほどあるそうです。

  その中の天理~桜井間16キロをよくみなさんハイキングされています。

  万葉集、古事記、日本書紀 に、でてくる、遺跡、古墳などがつぎつぎ出てきます。

  ここをずっとあるいていくと、古代のロマンに引き込まれるでしょう。


  今回は車で行きましたが 暖かくなったら 

  もう一度、電車で行って一部でもいいから歩いてみようと思います。


 resize0532.jpg    


resize0531.jpg
この標示のすぐ横にひっそりたたずむ、
Cafe「メリッサ」・・・


resize0534.jpg


私が行った日は、雪が降った次の日で、まだ、そこいらに

うっすらと、雪がのこっていて



resize0540.jpg


風はなく、ピーンとはった澄んだ冷たい空気が この山の辺界隈を

つつんでおりました。↑ Cafeの前の畑です。


メリッサの中に入りますと すぐ 左手に暖炉があり、よこに薪がおいてあって、

resize0535.jpg


おもわず テーブルにつくのを後回しにして、

「ほんのり燃える火」に駆け寄り 暖をとらせていただきました。。。


resize0536.jpg        resize0537.jpg

resize0539.jpg


こういう趣のある場所には こういった、さむーい日に訪れるのがいい・・・。


すっごく寒い日がいい・・・そうおもいます。


        あとあと すごく脳裏にやきついているのに気付きます。


        寒さとともに、景色を、目だけでなく、


        身体で感じ取れるからでしょうか、

                       印象づきます。



  
    resize0538.jpg


両手でつつんだコーヒーカップの温かさが 身にしみて ほっこり。

どこかの知らないところに迷い込んだような

とおい古代につつまれているような

Cafeにいる間、私の頭の中は、「無」状態で・し・た・・・。

   

ホーム  次のページ »

プロフィール

《てのりぱんだ》

Author:《てのりぱんだ》

大人のみなさま、この時間はひといきついて、
空想Cafe《日ごろ景色》でおくつろぎください。片すみには《いろあそび工房》もあります。
コーヒーを味わい、タイル小物をごらんになりながら なんとな~く優しくって、楽しいおしゃべりをしましょう。ドライブや音楽鑑賞も大すきです。
♥ヾ(゚ー^*)

最新記事

ブログランキング

↓ お願いしま~す。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ
にほんブログ村

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今までの写真

落ち着いたCafeやかわいいほっこり写真がいっぱいあります。ご覧ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード