FC2ブログ

ちはやぶる・・・・・

<竜田川>

resize0186.jpg


    ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川

       からくれなゐに  水くくるとは



          在原業平 朝臣



竜田川に行ってきました。

この歌が有名なので、秋に見ておこうとおもいました。
まだ紅色の葉が散っていなかったので、「くれないに 水くくる」  にはなっていませんが、

この辺に立ちますと なんとも言えず 神秘的な気分になりました。

このあたりで昔の人々が、この景色をみていたのかと思うと・・・。



実は、この歌は、屏風に書かれた竜田川の絵をみて

詠まれたそうなのです。

でも、その屏風に絵を描いた人は確実に この川を見ていますよね。


神様がこの世を治めてらっしゃった時代でさえも、
このような不思議な様子は聞いたことがありません。
竜田川の水面にもみじが散って 川の水を
紅色に染め上げるとは・・。

この歌がよまれた時代と、そのときからさかのぼっての昔の神代の時代と
2つの時代の橋渡しを感じる歌です。



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

あまりにも名高い和歌なのに、
竜田川がどこにあるのかも知りませんでした。
改めて調べてみると、斑鳩を流れている川なんですね。
そして竜田川は紅葉の名所であることも・・・
さらにその川に映る紅葉の色に似ているということで、
鶏料理の「竜田揚げ」という呼び名が出来たということも。

飛鳥、奈良の和歌は当然のように、
奈良の風土が詠まれていますね。
大伴家持という歌人をご存じでしょうか。
家持も奈良の都で暮らしていた貴族でしたが、
越中の国司を命じられて、しばらくは、
奈良の都を恋い偲ぶ歌をたくさん作っています。
家持が赴任した越中国司の役所は富山県高岡市にありました。
私はそこで高校までの少年時代を過ごしました。
高岡には二上山というなだらかな山があります。
奇しくも都の二上山と同じ名前。
家持はその山を望みならが都への思いを募らせたのでしょう。
「玉くしげ二上山に鳴く鳥の声の恋しき時はきにけり」
他、多くの名歌を残しています。
高岡駅には立派な家持の銅像も立っていますが、
家持の本当の素晴らしさを知ったのは、故郷を離れてからでした。
しかも、中年を過ぎてから俳句を始めて、
その縁で万葉集に興味を持ってからですから、
家持さまにはすまないことでした。

No title

竜田川の紅葉は今も昔も変らないようですねー。
奈良の1級河川なのですねー。
歴史はわかりませんが、昔の和歌は素晴らしい詠み人ですねー。☆☆

NANTEIさんへ

こんばんは。お返事遅れまして申し訳ありません。
ハンドメイドのフリーマーケットがありますので、制作・準備に忙しくしていました・・・。<(_ _)>

竜田川は横には車道がありますが、
車道より下に降りて行ったところにありますので
車は見えなくて、竜田川の世界にどっぷり入り込めます。
静かなところでした・・・。
近くには法隆寺があります。

大伴家持は万葉集の編集をしたといわれている人でしたね。最近百人一首をぼちぼちおぼえているのですが、「鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」  ですね。
私こそが、家持さまには申し訳なく、奈良に住んでいてもこのくらいしか知識はないのですが、今回教えていただき、とてもありがたく思いました。ありがとうございます。
富山と関係があったなんて・・・。二上山が富山にもあるのですね・・・!奈良の二上山にはよくドライブに行きます。近くにたくさん、ゆったり広々したお寺や楽しい道の駅があります。

今回は大伴家持のお話をきかせていただき、とても勉強になりました。し、いつも、NANTEIさんの記事や、コメントをよんでから、そのものに興味をもつことが多いです。勉強+興味を持ちます。
うれしく思っています。



荒野鷹虎さんへ

竜田川の水はとてもきれいでした。

鷹虎さんは関西におられたとき、竜田川をみられましたか?いまもとても水も、川の周りも美しいところです。
歌も風情があり、この景色にマッチしますね。

コメントありがとうございます。
プロフィール

《てのりぱんだ》

Author:《てのりぱんだ》

大人のみなさま、この時間はひといきついて、
空想Cafe《日ごろ景色》でおくつろぎください。
コーヒーを味わい、なんとな~く優しくって、楽しいおしゃべりをしましょう。ドライブや音楽鑑賞も大すきです。
♥ヾ(゚ー^*)

最新記事
ブログランキング
↓ お願いしま~す。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

心豊かな人生をおくるために。

不思議な不正義

不思議な不正義2
今までの写真
月別アーカイブ